わんすけに聞いてみる GoogleAppsScript [GAS]受信メールの添付ファイルをドライブに保存

[GAS]受信メールの添付ファイルをドライブに保存

前回の記事で、簡易OCR機能はやはりGoogleドキュメントが優秀だなーって再認識した。

簡易OCRの比較 Microsoft OneNote vs Googleドキュメント

 

なので、今日はGoogleドライブに保存されたイメージファイルをGoogleドキュメントとして開くというのをより有効活用できるようなApps Scriptを思いついて書いてみた。

全体のイメージとしてはこんな感じ。

以前に紹介したBizFAXスマートキャストというサービスを使うと、FAX受信もPDFでメール受けできるらしい。(X社とかなら複合機でもメール連携はできそうだけども。)

それをGmailで受けてFrom番号でフォルダ振り分けつつGoogleドライブに自動保存して、そこから右クリックのGoogleドキュメントで開くってやるとすごくスムーズに簡易OCRを使えるのでは?って思った次第です。

BizFAXスマートキャスト(Mail to FAX)へVBSで送信

 

1.添付ファイルを保存するフォルダを作る。

まずは、添付ファイルの保存先になるフォルダをGoogleドライブ上に作っときます。

今回のサンプルではこんな感じにテキトーに用意した。

で、それぞれのフォルダをブラウザで開いてURLからフォルダIDをメモに控えておく。

 

2.保存先判断のスプレッドシートを用意する。

次に、本文キーワードと控えたフォルダIDを紐づけるスプレッドシートを新規に作る。

  • 1列目には本文キーワード(今回だとFAXのFrom番号てことにした。)
  • 2列目には、工程1で控えたフォルダIDを列挙
  • 最終行のキーワードは「other」にしとく。

で、このスプレッドシートはApps Scriptから参照するから、これまたシートIDはURLから控えておく。

 

3.Google Apps Scriptを書く。

今回のケースでは、「件名+未読」でメール検索して添付ファイル保存が完了したらそのメールを既読に設定しています。

以下のスクリプトを張り付けて、2か所を編集する。

  • 【ご希望のメール件名】
  • 【ここにスプレッドシートID】

あとはデバッグボタン押してパーミッション設定したら、トリガー設定で何分かごとで動くように設定すれば自動メール添付ファイル振り分けドライブ保存は設定完了です。

 

思い付きで適当に書いたけど、コレもしかして便利じゃね???🙄

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post