セルの値計算・・・と思ったけど脱線してエラー表示

いざっ、セルの値計算!

 

っと思ったんだけど、型変換と型に応じた対応と、いろいろ考えることがあったので頭の中で考えながらエラー表示の部分をブラッシュアップしてみた。

最初に作ったモジュールだと普通にalert使ってエラーって出してた。

こんなこと都度やってたら、これからセル計算でいろんなエラーでた時にソースが爆発するなーと思ったので、動作をキャンセルして強制的に戻すのではなくエラーをセルに表示してあげることにした。

セル計算する関数(CellCalculation)を別で用意して、その中の1パターンとして循環参照を入れとく。

エラー出す関数(CalculateExeption)もセットで用意しとく。

エラー表示のスタイルはこんな感じかなー?

セルの右下の方にピンクっぽく出てくる的な。

 

さて、これでセル計算の中で他のエラーに行き当たっても同じフレームでエラー処理できるぞっ。

じっくり計算ロジックについて考えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です