セル情報を整理してキレイにダウンロードできるようにする。(xlsx.full.min.js)

前回の続きです。
とりあえずダウンロードボタン仕込んだけど、余計な情報がセルに入ってたのでデータを整理してダウンロードできるようにしました。

更新内容は「ExcelっぽいHTMLテーブル」のページに反映してます。

 

ダウンロードボタンがダウンロードされちゃって邪魔くさいので一旦消して、

セルの内容を変換・セルアドレスを振る前の状態に戻します。

で、ダウンロードの処理が終わったら「editable_table.Initalize();」を呼び出して

もっかいセルアドレスの付与とダウンロードボタンを生成する。

 

editable_table.Initalize()を再利用してセル情報を復元しようと思ったけど

click、dblclickイベントが重複登録されてしまうようになってしまった。

セルの情報を定義する部分だけeditable_table.Initalize()から抜き出して再利用できる様にする。

抜き出して再定義したfunctionはこの二つ。

うん。これでキレイにデータダウンロードできるようになりましたっ。

次は、xlsxファイルからテーブルに再現する方の処理も組み込んでみよっかなー。

タグ:

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

編集したTableの値に循環参照が発生していないかチェックしてみる。編集したTableの値に循環参照が発生していないかチェックしてみる。

さて、今回は編集可能にしたTableに関数を実装していく前に循環参照を検出しようというところ。 編集中のセルからフォーカスアウトした時に発火するイベントにチェックを仕込みます。 循環参照のチェックを開始する部分 [cra […]