わんすけに聞いてみる WinActor [WinActor]エラー情報収集

[WinActor]エラー情報収集

シナリオは、常にエラーが発生する可能性を孕んでます。

シナリオを作って提供すると、必ず

「なんかエラー出て止まっちゃったんですよねー。」

といって声を掛けられることになります。

担当者がエラー対処に慣れてる方じゃない限り、エラーが発生した状態のまま情報収集して端末を維持してくれているということはまずないでしょう。

だからこそ、シナリオ作りをする人にはエラーを後追いできる様な仕組みを常に先に考えてほしいと思ってしまいますね。

[ライブラリ]タブの[02 エラー処理] – [エラー情報収集.ums5]を触ってみましょう。

処理はサブルーチン化して「正常系」の中に詰め込んでおけば、

どこかでエラーが発生した時、アクション例外を拾って「異常系」の方に処理が流れて

「エラー情報収集」が実行されると、以下の情報が変数に格納されます。

  • エラー発出ノード名
  • エラー発出ノードID
  • エラーメッセージ

これをログ出力しておくだけでも・・・後でエラー箇所直すのもウンと楽ですよね。

わんすけへ寄付金を送る

このサイトの情報が役に立ったなーって思う方がいらっしゃれば、

是非「わんすけに缶コーヒー1本でもご馳走する」気持ちでポチってあげて下さい😉

¥120

「[WinActor]エラー情報収集」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

[WinActor]IE操作『詳細設定に一致するコントロールが存在しない。』[WinActor]IE操作『詳細設定に一致するコントロールが存在しない。』

エラー『詳細設定に一致するコントロールが存在しない。』 IE操作記録モードで操作記録して動作をトレースさせる場合 『部分実行だとうまくいくのに通しで実行するとうまくいかない』という相談を受ける時があります。 大抵は、通し […]