[WinActor]フォルダ内のファイルを順に処理するシナリオ

フォルダの中にあるファイルを取得して順番に処理するサブルーチンシナリオ

全体イメージはこんな感じ、参考にしてみてね。

1.サブルーチンを作る。

ローカル変数に変数「検索フォルダ」を指定する。

 

2.ライブラリ「ファイル一覧(ファイル数)取得」
  • フォルダ名に「検索フォルダ」
  • ファイル数に「フォルダ内のファイル数」

を指定する。

 

3.ノード「繰り返し」

  • 回数に「フォルダ内のファイル数」
  • カウンタに「ループインデックス」

を指定する。

 

4.ノード「四則演算」
  • 「ファイルカウンタ」 = 「ループインデックス」 「ー」 「値⇒ 1」

を指定する。

 

5.ライブラリ「ファイル一覧(ファイル名)取得」
  • フォルダ名に「検索フォルダ」
  • カウンタに「ファイルカウンタ」
  • ファイル名に「検索ファイル」
  • 種別に「IsFile」

を指定する。

※ 「ループインデックス」と「ファイルカウンタ」は、繰り返しのカウンタが1から数えるカウンタなのに対し、ライブラリのファイル一覧で使うインデックスが0から数えるカウンタなので、-1して使う必要があるということです。

 

6.ノード「分岐」
  • 条件に「IsFile」 「等しい」 「値⇒ true」

を設定する。

 

7.ノード「サブルーチン呼び出し」

これは、サブフォルダは検索しない時は使わなくていい。

  • サブルーチンに「1.」で作ったサブルーチン
  • 検索フォルダに「検索ファイル」

を設定する。

これで、サブフォルダに対して繰り返し処理ができるようになる。

 

これで、フォルダの中のファイルに対してのみ

「何かの処理」ノードを実行するシナリオができました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post