[WinActor]Win32系ライブラリで選択がズレる時の対処

久々に、WinActorネタで「おぉっ!😲」ってなったので投稿。

レガシーなアプリでWin32系のライブラリを使ってる場合、データグリッドみたいなテーブルレイアウトでセルの選択位置が表示しているデータ量によってブレてしまうケースがあるようです。

アプリケーションの画面生成ロジックによっては、テーブルの下から順にデータ生成されていて行数が変わると上の方の行のinstance値がズレてバラバラになっちゃうんですね。

 

「詳細設定」の画面でいうと、初期だとこんな感じになってたりする。

で、そーゆー時は、このinstanceのチェックを外してpositionのチェックを入れてみるといいことが分かった。

 

(Win32)系の文字列取得とかも、positionチェックでちゃんと文字列が取得できたりするんですね。

なんとなくpositionって、座標クリックのイメージが強くて、どーせクリック操作くらいしかできないんだろー?って勘違いしてしまってたんだけども、ちゃんと「その座標にあるコンポーネント」を取得して所定の操作をしてくれる様です。

 

instance値がブレると思った時は、早めに画像マッチングとかに逃げてたけど、案外行けるケースもあるんだなと再認識したのでしたとさ🙄

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です